日本結婚相談所連盟(IBJ)には現在約67,000名(2020.10時点)の会員様が登録され、
活動されております。

全国で約2400社の加盟結婚相談所の仲人・結婚カウンセラーと対面(オンライン面談含む)で
面談した後、独身証明書など各種証明書類を提出して活動する為、安心・信頼してご利用頂けます。

そこで、結婚相談所を活用してどのような方々が婚活をされているか、データをまとめました。

日本結婚相談所連盟(IBJ)とは

全国の結婚相談所約2400社が加盟する、結婚相談所連盟です。
「人と人をつなぐのは、人だと思う」という想いのもと、加盟相談所の仲人カウンセラーが相互協力しながら成婚の幸せを生み出しています。
IBJシステムに登録されている会員数は、2020.10時点でおよそ67,000人。
当サロンへご入会頂くと、直ちにIBJシステムを利用することができ、活動を開始することが出来ます。
※IBJシステムとは総会員67,000人が登録しており、最新のAIマッチングシステムを利用してお見合い・ご成婚までフォローすることが出来るシステムです。

成婚者数

日本結婚相談所連盟(IBJ)に登録する会員のうち、2019年は11,909名※がご成婚退会されています。
(※日本結婚相談所連盟のシステム外での成婚者を含む。)

なかでも日本結婚相談所連盟(IBJ)に登録する会員同士の成婚は、年間7,800名以上うまれており、
前年比で123%と年々向上していることが特徴です。

 

新規入会数

毎月平均で約3,200名の会員様がご入会しております。

 

 

年齢

30代前半~40代前半がボリュームゾーンとなっております。
生活が安定しており、信頼してお相手を紹介しあえる方々が多いのが特徴です。

 

エリア

東日本・西日本と会員数のバランスが良いのが特徴です。

 

収入

男性の公開年収を見ますと、女性が結婚相手に求める年収についての一般的なアンケート結果と同じ
500~699万円がボリュームゾーンとなっております。

国税庁発表の民間企業給与所得者の平均年収は420万円(H27年)ですので

結婚相手を探すためのデータベースとしては良質です。

 

学歴

短大・四大・大学院を卒業した方が70%以上を占めるのが特徴です。
しっかりとしたご職業に就いている会員が多いため、紹介も安心して行うことが出来ます。

※2020年4月時点